セラミド 配合 化粧水

セラミド配合の化粧水ってホントのところどうなの??

 

 

コラーゲンヒアルロン酸などと並んで、最近よく聞くようになってきたセラミド

 

最近は セラミド配合 の基礎化粧品が販売されていたりするなど、人気が出てきている成分ですよね。

 

 

ところでセラミドってどんなものかご存じですか?

 

名前はよく聞くものの、こういう新しいものってよさそうだけど何にいいのか、何がいいのかわからなかったりすることもありますよね。

 

 最近はやりの セラミド配合 って聞くとなんだかよさそうな気がしてしまいますが、私の肌ももう待ったなし、のところまで来ています。

 

今の自分にとって本当に必要なものかしっかり知って、基礎化粧品を選ぼうとしっかり選ぶことができたら、私の悩みも早くなくなりそうですよね。

 

 

 

 

 

 

 

セラミドってなに??セラミドって何をしてくれるの??

 

 

結論からいってしまいますと、セラミドは 保湿 に効果があるといわれています。

 

 

 

人の肌を守る働きをする、美しい肌に欠かせない成分

 

 

ともいわれています。

 

 

セラミドは肌の一番表層にあります。

 

 

ライースリペア 口コミ

 

 

一番外側で細胞と細胞の間に入って、細胞と細胞の間を埋めているものです。

 

一番外側で、外からの刺激(紫外線や乾燥など)から守るための役割をしてくれているんです。

 

細胞と細胞の間をきっちり埋めて、刺激からしっかりガードしてくれたら肌に対するダメージもかなり減るのですが、セラミドも年齢とともに徐々に減っていってしまいます。

 

 

20代を100%としたとき、40代になるとなんと その50% ほどしかないともいわれています。

 

 

それだけ、細胞と細胞をつなげている成分が減り、刺激やダメージが肌の奥のほうに届きやすくなってしまうんです。

 

つまり。

 

 

 

今までと同じケアでは肌が受けるダメージが違ってくる

 

 

 

ということです。

 

 

 

年を取ると、なぜだんだん肌の衰えを感じるのだろう・・・・

 

 

 

と純粋に思ったことはありませんか??

 

 

 

年を取ると肌から様々な成分が減りだし

 

 

そのため外的刺激を受けることで

 

 

肌がダメージを受けやすくなり

 

 

さらに肌が衰える

 

 

という負のスパイラルの繰り返しで肌が徐々に衰えていくんですね。

 

 

 

 

お・・・恐ろしい・・・・・・(゚д゚)!

 

 

なので、少しでもダメージを減らすためには肌に一番外側にある層である、角質層にあるセラミドを補うことで

 

 

外側からのダメージを防ぐ

 

 

ことが少しでもできるようになります。

 

セラミドは肌の表面で外的刺激が中に入ってこないように守るための働きをしていますが、それが減ってくるということで肌がダメージを受けやすくなり、そのため、ちょっとした刺激にも肌が反応するようになり、敏感肌になってしまう方もいます。

 

今まで肌を守っていてくれた成分が減ることで、乾燥や紫外線などの刺激に肌が耐えられなくなり、かゆみが出たり、赤みが出たり、と過敏な反応が出るようになったりして、

 

 

今までと同じなのになぜ??

 

 

 

と思ってしまうのですが、今までと同じだと思っているのは自分だけで、実は自分の肌のほうは徐々に見えないところで変化しているんですね(涙)

 

 

 

 

 

外からの刺激から守るため、細胞と細胞の間をしっかりガードしてくれていたセラミドは、年齢とともに減ってくるものですが、減ってくるというだけで、まったくなくなってしまうわけではないですし、また、もともと自分で作りだせるものなんです。

 

 なんにしても、このセラミド。
肌の外側をしっかり守ってもらう意味でもたくさんあったほうがいいです。

 

 

セラミド ライースリペア

 

 

 

 

 

 

 

セラミドは化粧品でも補える?本当はどうなの??

 

 

保湿に効果があったり、肌をふっくらとしたツヤのある肌にしてくれるということで人気がある成分に

 

 

ヒアルロン酸

 

 

 

 

コラーゲン

 

 

 

などがあります。

 

 

化粧品の成分としてもとても人気のある成分ですので、よくつかわれていますし、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

化粧品としてつけるのもいい方法ですが、ヒアルロン酸やコラーゲンは肌のもう少し奥のほうにあるものになるため、なかなか届きにくいともいわれています。

 

それに比べ、セラミドは肌の表皮(一番外側)にありますので、比較的成分が浸透しやすいともいわれていますが、その点は専門家の間でも意見が分かれているので実際のところは使う側が、判断してみるのが一番いいと思います。

 

 ただ、よく言われているのはこんな感じのようです。

 

 

 

 

 

こちらの左側のような感じで、表面についていて、中にはあまり浸透しないともいわれています。

 

表面についているだけでも効果はあると思うのですが、セラミドはもともとは自分で作ることができる成分です。

 

右側のように自分できちんと肌を整えて、肌そのものがセラミドできれいになったらいいな、と私は思いました。

 

 

そして、ライースリペアはそれをしてくれるというのです。

 

 

 

 

 

 

ライースリペアのNo.11 に医薬部外品として認定されている成分

 

 

「皮膚水分保持能」

 

 

のちからで、なんと

 

 

セラミドを作る力

 

 

 

を高めてくれるのです。

 

 

重要なのでもう一度言いますね。

 

 

 

セラミドを自分で作る力を高めてくれる

 

 

 

のです。

 

 

肌から減る一方だったらセラミドを作る力を高めてくれるというのです。

 

 

 

 

セラミドを配合していて、つけるタイプの化粧品も効果はあると思います。

 

ぐんと効果があって、使い続けたくなる化粧品に出会えるかもしれません。

 

そういう化粧品に出会えて、使い続けたいと思えるものに出会えたら本当にいいと思います。

 

 

 

 

私の場合は、今回いろいろ考えて、やっぱり作る力をつけてくれる化粧品を選んでみたいと思いました。

 

もともとは自分で作りだしていたもの。

 

ちょっと力が衰えていたとしても、これをきっかけにまた作る力が戻ってきてくれたらな、

 

 

と思ったからです。

 

 

 

 

 あなたもライースリペアの 

 

セラミドを自分で作る力を高めてくれる

 

 

効果試してみませんか??

 

 

 

化粧水だけでも1か月で肌に変化が!!
化粧のノリが確実に変わったライースリペアのトライアルキットはこちら

 

               ↓ ↓ ↓
ライースリペア 口コミ